2つの選択肢を比較|塾の開業を助けるサポート|個人事業主という働き方

2つの選択肢を比較

シャンプー

人の髪型やメイクアップを整える職種として多くの人から人気を集めているのが美容師です。美容師を志す人は美容系の専門学校へと進学して、卒業後に美容室で勤務するパターンが大多数だといえるでしょう。長い間、同じ美容室で勤務する人も居れば転職を重ねて多く経験を積みたいと考える美容師も存在します。そして美容師の多くが将来的に開業という道を選択していくのです。これから美容室を開業しようと考えている人は、まずライバル店の多さと市場についての調査をしておくと良いでしょう。国内では年間換算で約3000点の美容室が毎年、開業しています。
お店を構える立地や集客の方法、スタッフの確保や利益換算など様々な要素を考慮する必要があるのです。そして美容室を開業するに当たって非常に重要となってくる要素が法人にするかという点です。法人化した場合は自身の給与を経費として計上することができるので、節税対策にもなりますが、従業員の社会保険制度を整える必要があるので覚えておきましょう。そしてもう1つのパターンが個人事業主という選択肢です。別名では自営業ともいいますが、この場合は売上から全ての費用を差し引いた金額が自身の所得となります。経費が計上し辛いという面がありますが、健康保険と厚生年金への加入義務はありません。